人気ブログランキング |

10/5 ベガルタ仙台 vs FC東京

去年のクリスマスに弾けた記憶を心の片隅に置き、鬼門突破と無敗記録更新を掛けてユアスタへと向かいます。この地でマッシモ東京がリーグ戦もモノにできたなら、こんなにうれしいことはないでしょう。


b0199830_23333538.jpg
試食がてら1本購入し入場。




b0199830_23345132.jpg
20周年おめでとうございます。

という訳で今日の相手は仙台です。。最近ようやくチームらしさを取り戻したタイミングで東京との対戦となりました。去年のクリスマスにロスタイムの奇跡×2という劇的勝利でユアスタ恐怖症を吹っ飛ばしたと思いたいところです。
長年巣食うリーグ戦という魔物に今年こそ勝てるのか?それとも・・・いざ勝負!


b0199830_04546.jpg
例年より狭いアウェーゴール裏

序盤から両チームの寄せが激しくどちらのペースとも言えない展開に。両チーム中盤の素早く、そして厳しい寄せあいに、用意していたプランになかなか持ち込めないような流れになっていました。先に形を作り出したのは仙台で、東京の前線に入るボールを厳しくチェックし、攻めに反転する形から流れを引き込みました。両サイドバックの積極的かつ強気な攻撃参加で東京の中盤と最終ラインをとにかく押し込んで圧力を掛け続ける・・・仙台らしい労を惜しまぬサイドから押し込むスタイルが戻ってきたのか?石川と菅井の素早く思い切りのいい押し上げに、羽生と米本が低い位置に引きずり込まれてしまい、この動きで東京中盤がワイドに開くと、梁と富田の不規則な攻撃参加とポジショニングでぽっかりと空いた東京中盤を使ってくる。前線の赤嶺とウイルソンも左右関係なくサイドに楔を受けに開いたり、フォロー参加する形で数的優位を作ってギャップを誘発してくる動きは何ともやっかいでした。
攻め時と見るや、躊躇せず一気に押し上げてくるこのスタイル・・・

やっぱ仙台は思い切りのいい攻撃参加をやってなんぼでしょう!こうじゃなきゃつまらん!
なんて強がりを言ってました。すみません(冷汗)


b0199830_110473.jpg
真っ黒もなかなかオシャレだ。

と言っても、仙台の流れからの決定機があったかというと、実はそうでもなく、東京の方も最後の最後は例によって締めるという、いつも通りの展開に。途中で東京の方もフォメ変更などで仙台サイドの対応を変化させたりしながら、何だかんだで押さえこむ形になっていたので、根拠はありませんけどやられる気はしませんでした。

一方の東京は?
仙台のコンパクトに保たれたディフェンスラインに囲まれて思うように展開できず、楔やドリブルも仙台最終ラインに厳しい対応で潰れてしまいがちに。特に試合全般で厳しいマークを受け続けたエドゥーには受難の日になってしまった。相手の寄せに対して、もうひと踏ん張りができずに倒れてしまうシーンが多くなってしまった(試合初っ端のペナエリアで押し倒された場面が流されてしまったのが不運の始まりだったかもしれない)。まあいずれにせよ仙台の上本と鎌田の厳しめの寄せに持ち味を出せずに終わってしまった。今日は仕方ない、万博でやってやろうぜ、エドゥー!

決定機は東京の太田からのアーリークロスを武藤が収めてシュートを放つも、仙台GKに弾かれて得点ならず。決まったと思ったんですけどね・・・これは相手が凄かった。
あとはヨネキャノンやモリゲキャノンくらいでしたか。

結局前半は0-0で終了。とにかく言えるのは互いの厳しい守備に、互いの攻撃陣が封じられる。そんな息詰まる互いの組織守備が躍動する45分間でした。


b0199830_1172362.jpg
来年は土曜日にゆっくり来たいです。

後半は簡潔に。
春先のナビ予選や夏のリーグ戦とは厳しさが違った仙台のプレス。2年前とはいかないまでも、今日の仙台プレスは往年の強さが戻っていました。東京の組織守備力も相当なものですが、仙台の球際で強い&走り勝つ守備が今日に限っては一枚上でした。局面でかなり荒いプレーもありはしたものの、この仙台に勝たなきゃ価値がない。個人的にはそんな目線で東京を見ていました。

仙台もこのデキで降格したら、東京も明日は(来年は)我が身と思うしかない(苦笑)
何だか仙台推しの内容になってしまいましたけど、これが素直な感想です。東京も相対的に見ればいつも通りのプランで、無敗記録を作っていた戦い同様に応急処置を織り交ぜながらあの1失点に抑えたんですから、上出来じゃないかと思います。勝負を賭けたところでエドゥー退場が重なってしまい、今日に限っては流れも何も裏目に出てしまったということで、こんな日もある、仕方ないと割り切りました(もの凄く悔しいけどね)

そんな訳で残り15分あたりの仙台両サイド押し込んでからの梁が持ち上がってきてからの流れでシュートを撃たれ、一旦は権田がセーブするもこぼれたところに赤嶺が詰めてキッチリ決められてしまった。前半からボランチ推進から危ない流れがあり、何とか未遂に終わらせていましたが、ここは最後までやられてしまった。東京の対応が緩かったというより、仙台のリスクを掛けた勇気ある押し込み&躊躇なき踏み込みを素直に認めるべきところです。敵ながら見事な攻撃でした。ん~完全にやられましたわ(泣)

「来年もユアスタ遠征できそうで何より!」と強がりを言いながら東京に帰りました。
同時に心の中で「来年こそ、この仙台相手にユアスタで勝て!」と叫びながら。


b0199830_155688.jpg
また来年!
(国分町もまた来年!)

来週はお休みなので(苦笑)気分転換して再来週に備えましょう。
聖地ナクスタでの戦い、今から楽しみだ!

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
by ata78 | 2014-10-06 01:12 | サッカー